<< 西日本新聞 随筆挿し絵 | main | 猪立山 正史・三鈴 親子展 >>
西日本新聞「筑紫びとの万葉」連載開始!
上野誠先生の「筑紫びとの万葉」、本日より連載始まりました!
私、猪立山三鈴は題字と挿絵の両方を担当しております。

連載記事の始まり部分を切り取って貼っておきます。
続きは新聞にてご覧頂ければと思います。



初回は先生の自己紹介が主ですね。
語り口が軽妙なのでするすると読めてしまいますが、どきどきふむふむするお話がたくさん出てきます。
完成稿は拝読していないので、ひとりの読者としても、とても楽しみです!
皆さんと一緒に連載を楽しんでいけたらと思います。

さて、今週の挿し絵は山の風景です。
ほぼ連載順にラフを作って筆入れしたので、それこそ山を登るかのような気持ちで、探り探り描いたものです。
それもあってか、線がきれいに出ていて良かったと安堵しながら、色強めにするとか、線を減らす手もあったなとか、絵描き目線で脳内大討論会を行ってしまいます。モノクロでも使われるので、またイメージも感想も変わるかと思います。
ところで、今回の連載、絵は週変わりとなります。
そこで、この週どの日にも会うようにシンプルながらも、密かにいろんな要素をいれています。
どんな要素があるのかは、また機会があればお話しするとして、ご覧くださった方々の平日のお楽しみのひとつとなれば幸いです。

そうそう、題字について触れるのを忘れていました!
私は書家ではありません。
なので、自分の絵に合う字をとにかくたくさん考えました。
葉と雲と古代の文様と…時の流れを感じつつ、今の季節にも合うことを願いながら、まだまだ寒い冬の夜に震えつつ書き上げたものです。

毎回ご覧頂くこの題字も、少しでもお気に召して頂けたなら、とても嬉しく思います。
 
仕事・展示情報 | 猪立山三鈴
コメント
コメントする










RECOMMEND
PROFILE
maroと愉快な仲間たち展

CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
for AUTHOR
for MOBILE
qrcode